MRの一日(開業医)

スポンサーリンク
MRへの転職製薬業界

MRには大きく分けて①開業医(〇〇クリニック、××医院 等)を担当するMRと
②病院(△△病院、□□大学附属病院)を担当するMRに分かれます。
大体、新入社員は開業医を担当し、売れたら大きな病院、大学病院などを担当します。

それぞれの働き方について、1日の流れを参考に見てみたいと思います。
今日は開業医を担当している場合の流れを書きたいと思います。

開業医担当の場合

8:00~9:30 卸訪問

MRの朝一の仕事は卸(MS)を訪問することです。大体多くの場合は家から直接、会社によらずして卸の会社に行くことが多いです。

MRは情報を提供、収集する仕事であり実際に医療機関に薬を届けるのは、業務上提携している卸という別会社の仕事です。その会社の営業をMSと呼びます。

MSもMRと協力して製薬会社の薬の営業を代わりにしてくれるケースが多くあります。
その為、朝はMSに会って協力先の売上の確認や、先生との面談内容の報告などを行います。場合によっては、雑談も含みます。
女子MRの話しか聞いてくれないおっさんMSとかもいます。。。勘弁してほしいです。
自身がMSだったら、、、ソウナルナ。。。笑

また他社のMRと得意先の情報共有や世間話をしたりします。
他社MRと結婚するMRなんかもいます。大体こーゆー所で仲良くなって、、というパターンです。はい、筆者のことです。←

同じ地区の担当期間が長くなるとサボりがちになるのが卸訪問という事は秘密です。

10:00~11:00 内勤

卸訪問が終わったら営業所に帰って内勤をします。
メールのチェックや、医療機関で紹介する資材の準備が中心になります。
ここでバタバタするかゆっくりできるかは前日のあなたの夜の準備次第です。
筆者は基本バタバタしてました。。。

12:00~13:00 医療機関訪問

午前の診療が終わったタイミングを見計らって医療機関に訪問します。
この間に2軒ほど回るスケジュールです。

また、勉強会もこの時間に行うことが多いです。
勉強会とは医療機関でMRがスライドをつかって自社医薬品の紹介をする時間の事です。
昼食を準備し、それを食べてもらいながら10-15分しっかりと聞いてもらえるため、有効な営業手段の1つとして活用されています。

13:30~15:00

この時間帯は医院がお昼休みの場合が多くなかなか面会できません。
よって、MRのお昼休み、内勤時間となります。
移動用の車の中で内勤する人もいれば会社まで戻って内勤をする人もいます。
あとはMSと一緒にご飯を食べたりも出来ます。(会社のお金で)
金欠の時はMSにひたすら電話をしていました。。

15:00~19:00 医療機関訪問

15:00からは医療機関に対して午後の訪問がスタートします。
15:00~17:30に行ける施設は患者さんの診察の合間に面会します。
なのでなかなか長く時間をもらうことが難しかったりもします。

17:30以降は午後の診療終わりを狙って訪問することが多いです。
患者さんが多かったりすると19:00近くまで待つこともあります。
待つだけ待って、先生が疲れているから10秒しか話せずに帰される事もあります。殺意。

19:00以降  内勤

営業所に帰って仕事を片付けたり、翌日の訪問の準備をしたりします。
帰宅時間はバラバラです。何もなければ医療機関から直接家に帰ることもあります。
仕事を溜めすぎて23:00とかになることもあります。。。
ちなみにMRの多くは「みなし労働制」という勤務形態になるため、何時まで仕事をしようが残業代はつきません。早く帰るが吉。

まとめ

MRの1日は基本的に上記の流れで毎日動きます。
ここに社内の会議や、夜の講演会などが加わるようなイメージです。
日によって働き方のバランスを調整できます。飲み会なんかも入れやすいと思います。
よく「MRは激務」という事を言われますが、接待行為が禁止になった近年ではその限りではないと思います。
次は、病院、大学病院担当MRの働き方について書きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました