MR(病院担当)の1日

スポンサーリンク
MRへの転職製薬業界

今回は病院、大学病院担当者の働き方について1日の流れを紹介したいと思います。
筆者は開業医で売れたため次の転勤でいきなり大学病院を担当させていただきました。

大学担当の1日

7:00~11:00 社内勤務or医療機関訪問

病院担当者の場合あまり卸に行く必要はありません。
病院担当のMSは、医師より薬剤部に営業をしていることが多く、開業医ほど医師とMSの関係性が強くないためです。
なので基本的には朝は内勤ができます。
また、医療機関によって禁止されていない場合は朝早い時間に病院に行き先生たちが出勤してくるのを狙って訪問します。

11:00~14:00 病院訪問

この時間になると先生も午前の診療が終わりMRの面会しやすい時間となります。
医師もお昼ご飯を食べるためなかなか時間をとってくれない事もあります。
ただ、この時間しか話せない先生もいるためMRもなんとか話をしようと必死です。
この時間帯に複数の病院に行くMRも入れば、一つの病院で何人もの先生にお会いするMRもいます。

開業医担当は基本車で移動します。病院担当は病院内で立ちっぱなしで待つことが多いです。担当して1カ月ぐらいはしんどいですが、すぐに慣れます。笑

14:00~16:00 昼食、社内勤務

午後2時くらいになると午後の診療が始まるため再びMRは暇になります。
このタイミングで昼食をとったりします。加えて内勤を行います。
病院、大学担当は、いろいろな案件を任される事が多いため内勤の量が増えます。地獄。

16:00~20:00 病院訪問

16:00頃から午後の診察終了時間に合わせて再び病院を訪問します。
先生によってアポイントをくれます。立ち話ではなく病院の会議室などでじっくりと話すことができます。

20:00~ 社内勤務
最後の面談が終わったら営業所に戻って内勤します。

業務は多いが柔軟性の高い病院担当MR職

病院担当MRの場合はこのようなタイムスケジュールになります。
卸に行かなくていいので朝のスケジュールは自由度が高いです。
また、毎日遅くまで病院にいるわけではありません。
ただ、病院の医者の方がMRの学術的側面に対して厳しいです。自身も日々勉強されてますからね、、
競合メーカーとの争いも激しいと思います。多くは開業医で売り上げを出した優秀な人が集まっているので。。業務自体の大変さでは病院の方が上です。

次はMRになる為に必要なことを書きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました