MRの転職(他からMRへの転職)

スポンサーリンク
MRへの転職製薬業界

今回はMRの転職に関して書いていきたいと思います。

①他職種、他業界からMRへの転職について ②MRから他メーカーのMRへの転職について ③MRから他業界への転職について

3回に分けて書いていきたいと思います。

① 他職種、他業界からMRへの転職について

年収的な面や、人の役にたてる生命関連業界である事から他職種、他業界からMRに転職を希望される方は少なくありません。
また、新卒採用と異なり学歴に大きく影響されない事も要因の一つであると考えられます。

しかし、MR未経験の方がいきなり製薬会社のMRになれる可能性はほとんどありません。基本的にはまず、CSO(Contract Sales Organization:MRの派遣会社)と呼ばれる企業に入社し、派遣先の企業でMRとしての経験を積みます。その後、その経歴を持ってして製薬会社に転職活動を行い、製薬企業に所属するMRになる方が多いと思います。

少し細かく書いてみたいと思います。

CSOに所属し、製薬企業に派遣され勤務を行うMRをコントラクトMRと呼びます。
派遣先には、正社員のMRとコントラクトMRが入り混じるような状況になります。
とはいっても活動において名刺は派遣先の物を使用しますし、名乗る場合も、〇〇製薬の□□です。といった形で名乗ります。ゆえに社外の人からは、そのひとがコントラクトMRなのかどうかは全く区別がつきません。

コントラクトMRの給与や福利厚生などは、雇用契約を結んでいるCSOとの雇用条件に従って決まります。
多くのCSOは住宅補助がないためトータルの年収水準では製薬会社よりは低くなるといえます。その代りに製薬会社に勤務していく上で、障害となりうる「転勤」のリスクが低いとも言えます。

人によっては同じ地区を、違う派遣先で2年ずつ勤務する。なんてこともあり得たりします。最近まで敵視していた薬を急に自分たちでセールスしなければならないことも、、笑
基本的にはCSOのほうで考慮して少し地区をずらすなどの工夫をされているみたいですが。

このように未経験の方はコントラクトMRを経由して製薬企業への転職を実施されるケースが基本です。
しかしながらこのコントラクトMRも少しずつ厳しい状況になってきています。
ベーリンガーやリリーなど1部の製薬会社では、コントラクトMRをすべて無くそうとしています。それだけ派遣先の会社自体も厳しい状況だという事です。

個人的な予想としては、これからさらに厳しい状況になってくるのではないかと考えています。
というのも今までコントラクトMRの方々の力を借りて販売してきたのは生活習慣病の薬が多かったのです。糖尿病、高血圧、高脂血症、花粉症に使う抗アレルギー薬などの薬です。
このような薬はどこのクリニック、病院にも患者さんがいて多くの医療機関を訪問する事で売り上げを立てる事が出来ました。

それらの薬がほとんど飽和状態になった今、製薬業界が開発をすすめているのが、「癌、CNS、希少疾患」の領域です。
この領域は、前述の生活習慣病の患者さんに比べ、患者さんが少なく治療を実施している医療機関も限られます。ともするといままで程MRの人数を必要としないのです。

いまの規模では正社員のMRですら人数過多だと言えます。そんな中でMRの経験がないコントラクトMRを採用することは企業にとって懸命な判断とは言えないでしょう。

実際にコントラクトMRを要望するプロジェクトも減少傾向にあるようです。

結論を申し上げますと、他業種からの転職は可能である。しかし、今後厳しくなってくる可能性が高い。といったところです。
今後、MRへの転職を考えられている方はなるべく早めに転職活動を実施する事が重要だと考えています。

次はMRから他メーカーのMRへの転職について書いていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました