「愛を盗んだ彼女」が面白い!!

スポンサーリンク
趣味

「愛を盗んだ彼女」とは

「愛を盗んだ彼女」とは、池上頁 さんの書かれた小説です。

今回読んでみて大変面白かったので紹介しようと思います!

ちなみに著者の池上頁さんのプロフィールはこちら!

三重県出身。大学在学中から複数のラジオドラマ脚本の執筆を手がける。

卒業後、東京でテレビ番組制作アシスタント業務に従事。

その後、外資系企業勤務を経て、現在はアメリカ在中。

日本人の顧客に向けたサービスを提供する業務に携わりながら、執筆業を続けている。

やはり元々脚本の執筆をされていただけあって、内容も読みやすかったです!!

「愛を盗んだ彼女」のあらすじ

早速「愛を盗んだ彼女」のあらすじをご紹介したいと思います。

不妊治療に励む美奈子のもとに、乳児を抱いた早苗という女が現れた。

早苗は、その乳児が美奈子の夫・大輔の子だと告げる。

二年前の偶然の再会がきっかけだったと早苗は言った。

二年前というと転勤で大輔の地元に近いこの街に引っ越してきた頃で、

不妊治療を始めた時期でもある。

美奈子から早苗の話を聞いた大輔は動揺していた。

確かに大輔は東京の大学に通っていた頃、地元に残った早苗と遠距離恋愛をしていた。

知人を通して早苗のことを調べ始めた大輔と美奈子は意外な事実を知る。

愛を盗んだ彼女|著者:池上頁

「愛を盗んだ彼女」を読んだ感想・口コミ

「愛を盗んだ彼女」の口コミですが

不妊治療を受けている人の気持ち、その大変さをリアルに知ることができた。

学生時代の初めての切ない恋愛。…こんなこと有り得ない、あってはならないけど本当にあったら怖い。

結末まで知りたくて一気に読んだ。

重いテーマだけれど、情景描写登場人物の心の動きが手にとるように伝わり、身近に考えさせられた。

情景が浮かんでドラマか映画を観てるみたいだった。小説として内容そのものも大変面白かったが、

描写が何よりも素晴らしい作品だった。

など評価が高いものとなっております!!

実際に私も読んでみて、恋愛という純なテーマと人間の思いが引き起こす恐ろしい内容の

ギャップを大変楽しむことが出来ました。。。もう一度読みたい。。

「愛を盗んだ彼女」はどこから読める?

「愛を盗んだ彼女」は

から読むことができる様です!!

ぜひ読んでみてください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました