これで安心?おすすめパルスオキシメーター!

スポンサーリンク
趣味

パルスオキシメーターとは

パルスオキシメーターとは

パルスオキシメーターとは皮膚を通して動脈血酸素飽和度(SpO2)と脈拍数を測定するための装置です。

装置で指をはさむことで測定します。 

H3SpO2とは

酸素飽和度(SpO2)とは酸素を体内に取り込む力が落ちてくると下がる値です。

従来は入院患者さんや在宅治療の患者さんで、必要に応じて測定します。

加齢によってもある程度低下し、スポーツ時などにも変動します。

 

一般的に96~99%が標準値とされ、90%以下の場合は十分な酸素を

全身の臓器に送れなくなった状態(になっている可能性があるため、適切な対応が必要とされております。

なぜいまパルスオキシメーターなの?

ではなぜ今パルスオキシメーターが注目されているのか?

ご存知の方も多いかも知れませんが

「新型コロナウイルス感染症の流行」により注目されております。

新型コロナウイルスの重症化の指標として血中酸素飽和度が用いられており、

厚労省が策定した「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き」によると、

血中酸素飽和度が96%以上は軽症、

93%超~96%未満」は中等症Ⅰ(呼吸不全なし)、

93%以下は中等症Ⅱ(呼吸不全あり)と評価しています。

集中治療室への入室や人工呼吸器が必要であれば、重症と判断しています。

 

このような背景から

コロナウイルスに感染し重症化する前に日常的に血中酸素飽和度を測っておきたい、と思うのは当然ではないでしょうか?

そこで現在パルスオキシメーターが大きな注目を浴びております。

ただ一方で一気に注目を浴びた影響により、有象無象の商品が発売に至っており

どの商品を買うべきかの判断が重要となってきております。

折角測っていても、機器そのものが信用できないものだったら意味ないですもんね、、、

そこで本日は色々と調べた中で筆者オススメのパルスオキシメーターをご紹介したいと思います。

どのパルスオキシメーターがいいの?

パルスオキシメーターの見極めポイント

日本国内で承認を受けた医療機器認証番号の表示

海外の医療機器認証番号やFDA・CEマークは国内では何の意味ありません。

日本国内で承認を受けた医療機器認証番号の表示がある商品を選びましょう!

日本の製造販売・メーカーの表示

認証番号表示のみで製造販売・メーカー表示がない場合は要注意です。

販売者の医療機器販売許可表示

雑貨だから必要ないと未承認医療機器販売している場合もあります。

と色々な見極めポイントがありますが、全ての条件をクリアしているし商品が

https://item.rakuten.co.jp/kmc-koube/c/0000000781/

 

村中医療機さんのパルスオキシメーターです

 

なぜ村中医療機のパルスオキシメーターか

 

医療機器承認 

 

日本国内の医療機器承認番号を付帯し特定保守管理医療機器として品質・管理体制・保障対応も万全で確かな製品です。

 

新型コロナウイルス感染症対策本部で採用

 

 

ご覧の通り、品質の高さから新型コロナウイルス感染症対策本部でも採用された商品になります

間違いなく国内で販売しているパルスオキシメーターでもっとも信頼できる商品と言えるでしょう!

 

どこから買えるの?

 

村中医療機さんのパルスオキシメーターは

https://item.rakuten.co.jp/kmc-koube/c/0000000781/

からご購入いただけます。

ぜひ覗いてみて下さい!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました