全YouTube投稿者導入必須!For Do Analysisとは

スポンサーリンク
自己研鑽

 

For Do Analysisとは

 

For Do AnalysisとはYouTubeを通じて影響力を高めたい全てのひとへサポート体制、

ツールの提供によって運営を支援してくれるサービスです

 

特許取得のYouTubeリサーチツールで累計チャンネル登録者数2500万超えの

“Youtube運用のプロ”に選ばれているYoutube運用サポートサービスとなっており、

数多くの有名チャンネルも支援しているサービスみたいですね!

 

具体的には

・100万登録超え2チャンネル

・50万登録越え7チャンネル

・10万登録超え 数十チャンネル

 

と、、、みたことあるようなチャンネルも多そうです、、!

 

 

Youtubeただただ発信しているだけでは全く伸びないレッドオーシャンになってきました。

そのような中で少しでも多くの方にご視聴いただくには

しっかりと環境の調査、分析の上作業していくことが重要です。

 

For Do Analysisを使えばマーケティングに関わる

調査、分析、作業時間を大幅に短縮できそうだなと感じました。

 

For Do Analysisの特徴

 

For Do Analysisの機能の紹介

 

Youtubeコラボレーションマッチング機能

初期登録の際に8つの質問に答えてることで、自分自身のチャンネルと

最適なコラボレーション相手とマッチングをしてくれる機能があるようです。

 

確かにコラボって、誰に依頼するべきなのかもわかないし、

逆に仲のいい相手同士だと撮影はしやすいもののシナジー効果が全く無かったりと難しいですよね。。

 

今までは自力や事務所依頼などマンパワーを使って行っていたコラボが

For Do Analysisを導入したらチャンネルの傾向を分析して、

視聴者属性が似ている人をツールが自動で抽出して提案してくれるとのことで大変助かりますね。。。

 

市場リサーチ機能

 

Youtubeが一番伸びない原因は独りよがりな動画を作ってしまうことになります。

よくいうマーケットインとプロダクトアウトの考え方ですね

「プロダクトアウト」というのは技術や製造設備といった提供側からの発想で商品開発・生産・販売といった活動を行うこと、「マーケットイン」とは市場や購買者という買い手の立場に立って、買い手が必要とするものを提供していこうとすることを指しています。

https://www.jri.co.jp/page.jsp?id=6918

 

自分が伝えたい事柄やジャンルの中でYoutubeでは何がバズっているのか、

視聴者が何を望んでいるのかを、客観的に把握する必要があります。

 

ForDoAnalysisでは、キーワード別の平均視聴再生回数で、キーワードの需要をチェックして、

更に独自の特許でバズっている企画を抽出することが可能とのこと。

 

リサーチを前提とした企画の段階でその動画が伸びるかどうか

8、9割が決まると言っても過言ではありません。

 

あなた、御社はリサーチをしっかりした上で企画運営できていますか?

 

即答でYESと答えられない場合は導入を検討してみても良いかも知れませんね。

 

YouTube運用をするなら For Do Analysis
ForDoAnalysisには YouTubeを「狙って伸ばす」運用に 役立つ機能が満載。再生数、チャンネル登録者数、コラボマッチングなどYouTuberがほしかった機能を今なら無料で利用可能。

 

チャンネル運用サポート機能

 

YouTubeチャンネル運営をしていくにあたって悩むケースや機能が不足している部分を

補ってくれる機能も使えるようです!

 

例えばYoutubeではサムネイルのA/Bテストができず、

サムネイル変更した場合の効果測定ができません。

このような点をForDoAnalysisでは対応できるようにしてくれているようです。

 

さらに希望の方にはチャットワーク、zoomにて経験豊富なスタッフにより、

運用アドバイスやサポートも行なっているとのこと。

 

YouTubeに関しては中々周りに詳しい人もおらず、

孤独に試行錯誤をしている方も多いのではないでしょうか?

そのような方々にはとても助かるサービスですね!!

 

For Do Analysisの口コミ

 

For Do Analysisに関しても口コミに関しても良い口コミが多いようです。

助かった部分は、自分の脳で考えているとどうしても動画の内容って、偏っちゃうんですよね。例えばサムネのカラーだったり企画の内容だったり、自分の見え方、気づかない点っていうのがあるんですよ。自分ではデータでしか想像していないので。

なので他の人の意見を取り入れることによって色んな事が試せるなとは思いました。サムネのカラーも変えてくれるし、自分の見せ方を「こういう風がいいんじゃないか」とか。

こうした自分にない視点のアドバイスは助かりました。

自社だけでは限界や行き詰まり感があった「企画」など、自分の発想には無い予想外のアイデアを頂けるのはすごく助かっています。
また動画サムネイルのクオリティが上がったり、一つの動画に対して様々な切り口のサムネイルを試してくれる点が良いですね。

 

For Do Analysisはどこから導入できる?

 

For Do Analysisに関しては以下から導入のご相談ができます!

 

YouTube運用をするなら For Do Analysis
ForDoAnalysisには YouTubeを「狙って伸ばす」運用に 役立つ機能が満載。再生数、チャンネル登録者数、コラボマッチングなどYouTuberがほしかった機能を今なら無料で利用可能。

 

無料でも利用可能なサービスもあるようですし、

少しでも気になった人は気軽にまず相談してみてくださいねー!

ちなみにYouTube運営を導入されている会社様にはさらに朗報ですが

ITツール導入補助金対象のサービスとのこと!

コメント

タイトルとURLをコピーしました